So-net無料ブログ作成

ひまわり、一時データ受信障害=降雪が影響−気象庁(時事通信)

 気象庁は10日、気象(運輸多目的)衛星「ひまわり6号」の電波を受信する地上のアンテナに雪が付着するなどした影響で電波受信レベルが下がり、9日午後10時から10日午前1時にかけ7回分の観測データが正常に受信できなかったと発表した。データ受信は午前1時半に回復した。
 気象庁によると、9日午後9時半ごろ、埼玉県鳩山町の気象衛星通信所内にあるアンテナの半球型の反射面(直径19メートル)に雪が積もり、ひまわりからの電波を集める機能が弱まった上、降雪の影響でひまわりから届く電波に乱れが生じ、異常が発生したという。
 データが受信できない間は、アメダスや気象レーダーでデータを補完し、業務に支障は出なかったという。 

【関連ニュース】
ひまわり6号、またトラブル=画像配信一時不能に
ひまわり6号の運用再開=姿勢制御装置が一時異常
ひまわり6号に異常発生=予備の7号に切り替え

「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ(医療介護CBニュース)
<訃報>東田敏男さん77歳=元鉄建建設専務(毎日新聞)
<国会改革法案>年度内成立を断念 与党3党(毎日新聞)
<石川知事選>谷本氏が当選確実…5選、現職最多タイ(毎日新聞)
<変死>両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。